イラスト素材始めました by webmo

wordpressで記事投稿が楽になる おすすめプラグイン5選

wordpressで記事投稿が楽になる おすすめプラグイン5選

wordpressは、基本機能は全て無料にも関わらずホームページの制作を簡単にできてしまうことで大変人気です。

特に、メディアやブログのように毎日更新を行うようなwebサイトに適していて、投稿記事を充実させることでSEO強化になる、という認識でサイト運営を行っている方が多いはずです。

サイト制作を自身で行うと、webデザインに目が向きがちですが集客できるまでデザインはシンプルで全く問題ありません

まずは、毎日の投稿記事を継続できるよう便利なプラグインで固めておきましょう。

※各プラグインは、プラグインの新規追加画面でプラグイン名検索をして、インストールしてください。

投稿ページを複製する Duplicate Post

プラグイン名称:Duplicate Post

主な機能:既存の投稿ページを1クリックで複製できる。

使い方:プラグインを有効化すると、自動で記事編集部分に複製ボタンが追加されます。複製したい記事の複製ボタンをクリックすると、複製記事が投稿一覧に追加されます。

複製する項目は、プラグインの設定画面から調整することができます。

プラグイン複製ボタン

記事IDを表示する ShowID for Post/Page/Category/Tag/Comment

プラグイン名称:ShowID for Post/Page/Category/Tag/Comment

主な機能:記事IDを記事一覧に表示させる

使い方:ウィジットの設定などで度々使用する記事ID.テーマによってはデフォルトで表示されますがほとんどがありません。このプラグインは有効化するだけで記事編集部分に記事IDを表示してくれます。

記事IDを表示

ビジュアルエディターの充実化 TinyMCE Advanced

プラグイン名称:TinyMCE Advanced

主な機能:記事投稿のビジュアルエディターにツールボタンを追加

使い方:プラグインを有効化した後に、左側メニューから設定をクリックし、TinyMCE Advanced が追加されているのでクリックで開きます。

TinyMCE Advanced 設定

あとは、追加したいツールをドラッグ&ドロップで移動させるだけ。最後に保存をするのを忘れずに。

TinyMCE Advanced 設定画面

目次を自動生成する Table of Contents Plus

プラグイン名称:Table of Contents Plus

主な機能:記事内に自動で目次を表示させる

使い方:プラグインを有効化した後に、プラグイン一覧から設定に進みます。

目次の設定

基本設定から、目次を表示する条件を設定します。見出しの上限自動表示させるページ種類(投稿・固定など)を設定できます。赤く囲んだ部分が自動挿入の設定ですが、記事によって目次の有無を変更する場合は自動化のチェックはなしにしてください。

※目次挿入時はショートコードで対応可能です。

目次設定画面

設定に不安がある場合は、プラグイン名称でググると詳細を説明しているブログが多く出てくるので参考になります。

SEOに強い記事か採点 Yoast SEO

プラグイン名称:Yoast SEO

主な機能:メタタグやディスクリプションの記事ごとの設定を可能にする。SEOに適している記事が項目ごとに採点してくれる。

使い方:設定が多いので詳細を説明しているブログを参考にしてみてください。特におすすめの機能をここではご紹介します。プラグインを有効にするだけで反映される機能です。

投稿記事ページ内の最下部に下記の評価項目が追加されます。ここでは、キーワードの数が適性か、外部リンクや内部リンクが有効にされているか、などを評価してくれるので、SEOを意識した記事つくりができます。

さらに詳しく!

Yoast SEOを使ってWordPressのSEO対策を実施しよう

出典:ferret編集部

YoastSEO評価画面

まとめ

wordpressのプラグインは便利な一方、テーマとの相性や更新の管理があるため厳選してインストールする必要があります。

もちろん、負荷をかけることでサイト動作が重くなることもあるので同じ機能のプラグインやテーマに付随している機能をもったプラグインは避けるように気を付けましょう。

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でwebmoをフォローしよう!

wordpressカテゴリの最新記事